ぱっつぁん[オルタ]のブログ(仮)

アニメゲーム音楽等、幅広くやっている、闇鍋のようなブログです。

【PSYCHO-PASS 3期】3話「ヘラクレスとセイレーン」の感想・考察・伏線まとめ【サイコパス3 】【ネタバレ注意】

怪しい奴らばかりで事件の全貌が見えない…

ラストに登場したあの人が状況を打開してくれるんだろうか?

 

 

前回の感想

www.patsuoruta.com

 

あらすじ

突然の襲撃

f:id:patsuoruta:20191108201704p:plain

被害者の泊まっていたホテルに薬師寺陣営のスタッフが泊まっていた。

ということで、その人物に聞き込みをしていると…

突然の襲撃が!!

 

貴重な手掛かりを持っていそうな参考人が殺害されてしまいます。

犯人を逮捕しようとしますが、1人には逃げられてしまいます…

f:id:patsuoruta:20191108201712p:plain

天馬「さっきは何で止めた、ドミネーターは執行しろって言ってたろうが」

灼「それを決めるのは人間であるべきです。そのためにドミネーターには引き金が付いてるんですから

↑のセリフが印象的でした。

この世界でいう「昔の刑事みたいな思想」を持っていますね…

 

f:id:patsuoruta:20191108201700p:plain

ちなみに、この刺客たちは街頭スキャンを避けるため宅急便で送られているようです。

訓練されすぎじゃね…

 

廃棄区画

f:id:patsuoruta:20191108201719p:plain

「国全体のコストカット」「廃棄区画以外で暮らす人々の心の余裕」のため

あえて放置されている区画

 

自発的に生じたセーフティネット、予測できない犯罪の複雑系をスラム型の隔離地域にパッケージングして監視しやすくしている。

言うなれば「廃棄区画そのものがメンタルケアの一環」

ドミネーターを使うには中継機が必要。

 

シビュラの仕組みだと、どうしてもこういう人たちが生まれてしまいますよね…

現代社会のスラム街を風刺しているんでしょうか?

 

榎宮春木(えのみやはるき)

f:id:patsuoruta:20191108201728p:plain

 茗荷谷の廃棄区画のブローカー

元プロアスリート・元女性

男性ホルモンの過剰注射と肉体改造の末、無念の引退

 

現在は人間同士の格闘場を取り仕切っている。

薬師寺陣営のスタッフへ刺客を差し向けたのは恐らくこの人物

「セカンドインスペクター」でもある。

 

f:id:patsuoruta:20191019151919p:plain

OPにも登場しています。

この赤いカットの人物は全員「インスペクター」なのかな? 

 

事件関係者と縁のある一係メンバー

廿六木天馬

f:id:patsuoruta:20191108201742p:plain

薬師寺の後援会スタッフに家族が居る。

潜在犯のため家族からは敬遠されている。

会えば罵倒をされ、天馬は何も言い返せない。

 

入江一途

f:id:patsuoruta:20191108201735p:plain

昔、茗荷谷の廃棄区画が縄張りだった。

榎宮とも繋がりがある様子。

 

炯が職務停止に!

f:id:patsuoruta:20191108201747p:plain
f:id:patsuoruta:20191108201753p:plain

薬師寺の後援会で聞き込み調査中、天馬が罵倒されるのに耐えきれず、一般人を殴り飛ばしてしまった炯。

局長から指示が出るまで職務停止に…

(犯罪係数の悪化はなし)

 

仲間の悪口が許せなかった故の行動

意外と熱いところがあるようです。

 

灼と炯の経歴が判明

慎導灼
f:id:patsuoruta:20191108201759p:plain
f:id:patsuoruta:20191108201808p:plain

配属時の推薦者は常守朱

母親は重病で安楽死を選択

父親の慎導篤志は自殺

篤志は元厚生省のトップの1人

f:id:patsuoruta:20191019151913p:plain

OPのこのシーン的に「インスペクター」「現在はシビュラの一員」になっている?

※このカットの赤いキャラたちは全員「インスペクター」(今のところ)

 

炯・ミハイル・イグナトフ 

f:id:patsuoruta:20191108201824p:plain

配属時の推薦者は霜月課長

ロシアで軍事訓練を受けた元兵士

既婚者で、妻は同じロシア系の舞子・マイヤ・ストロンスカヤ(視覚障がい者で現在治療中)

 

兄も同じ帰化日本人だったが2年前に殺害されている。

その容疑者は灼の父親である篤志

 

f:id:patsuoruta:20191108201833p:plain

被害者と加害者の親族同士がバディを組んでいるという

傍から見ればかなり異常な2人

追い求めている真実はこの件についてなのでしょうか。

 

六合塚弥生登場!!

f:id:patsuoruta:20191108201848p:plain
f:id:patsuoruta:20191108201841p:plain

炯の穴を埋めるため、公安局と捜査コンサルタント契約を結んでいる人物として登場したのは…なんと六合塚弥生!!

現在はなんとフリージャーナリストとして活動しているようです!!

(宜野座たちと外務省に引き抜かれたと予想していたのですが違ったようです…)

 

犯罪係数が回復したのか…

外務省行動課のような特別措置なのか…

とにかく、ジャーナリストは政治問題に強そうなので次回の活躍に期待!!

 

唐之杜さんが嬉しそうな表情をしてる気が…(笑)

1期ラストみたいなシーンがあったりするのでしょうか…?

 

 

都知事選挙(2話〜)

f:id:patsuoruta:20191101064220p:plain

優生党推薦 薬師寺康介

人間vs機械の格闘技HVM(シビュラ認可)の元選手

アスリートは製薬会社の元でドーピングし、遺伝子判定に従い子供を作る。

薬師寺はその代表格で、もしオリンピックが復活したら全種目金メダルの遺伝子エリートらしい

 

f:id:patsuoruta:20191101064230p:plain

肯定党推薦 小宮カリナ

元アイドル、グラミー賞を取り人気絶頂の時にシビュラ適正に従い政治家の道へ

 

その小宮のメンタルケアスタッフである土谷博士が自殺?したのが今回の事件

 

アイドルグループ所属時代に自分以外のアイドル全員の色相が濁った際に、自分一人だけクリアで居続けた過去があり、意志の強さだけでなくメンタリストとしての才能もある。

今回の犯人だとすれば、かなり手ごわい相手に…?

 

 

回収済みの伏線

六合塚弥生

f:id:patsuoruta:20191108201848p:plain

 サイコパスが良化し、現在はフリージャーナリストとして活動中。

炯の抜けた穴を埋めるために一係の助っ人として登場!

 

未回収の伏線

ラウンドロビン、ビフロストとは?

f:id:patsuoruta:20191101064153p:plain

 現在推測できる内容としては…

シビュラシステムの目を盗み

ラウンドロビンというシステムを使って

ゲーム感覚で利益を出す

ビフロストという名前の組織

 また、ラウンドロビンには場を乱すものに対しての執行能力があるようです。

事件を起こしてそれによる株価の変動マネーゲームをしている?

 

主人公2人が追う過去の事件

f:id:patsuoruta:20191024204525p:plain

 灼が自宅の車の中でしか眠れなくなってしまった原因の過去の事件

公安局に入ったのも、この事件を追うためのようです。

 

 

事故って死んだ監視官

1話での会話

入江「前みたいに事故って死ななきゃ良いんだが」

如月「ちょっと!滅多なこと言わないで!」

廿六木「その話題は止めとけ…」

入江「ヘイヘイ、悪かったよ」

 

誰か亡くなってしまった監視官が居る?

 

朱が勾留されている理由

別記事でまとめてみました!

www.patsuoruta.com

 

 

関連記事

www.patsuoruta.com

www.patsuoruta.com

 

次の話

 

 

PSYCHO-PASS3はAmazonプライムで独占配信中!